トップページ > ご来院の方へ > 外来のご案内

外来のご案内

外来受診に必要なもの

以下のものをご持参ください。

■健康保険証・医療受給証等
(老人医療・乳児医療・母子医療・障害医療など)

■当院の診察券(以前受診されてお持ちの方)

■紹介状(他医院からの紹介で来院された方)

※健康保険証・医療受給者証は、毎月受付窓口で確認が必要となっております。

外来受診の流れ

1受付 2医師の診察 3診療費の会計 4お薬の処方がある方 5次回の予約がある方
■受付
初心の方 はじめて診療科を受診する方

(1) 診療申込書に必要事項を記入
受付前の記載台にて診療申込書に必要事項をご記入下さい。

(2) 2番の「初めての方へ」窓口に提出
記入した診療申込書と、健康保険証・医療受給証等・診察券を
総合受付2番の「初めての方へ」窓口のスタッフにお渡し下さい。

(3) 受診案内票を受け取り、各診療科へ
スタッフが受付手続きを終了しましたら、受診案内票をお渡しします。
受診案内票をお持ちの上、各診療科へ移動して下さい。

再診の方 以前、同じ診察科を受診したことのある方

(1) 再来受付機で受付
総合受付前にあります「再来受付機」に診察券を挿入して案内に従って
受付して下さい。

(2) 受診案内票を受け取り、各診療科へ
受付が終了しましたら、受診案内票が発行されます。
受診案内票をお持ちの上、各診療科受付へ移動して下さい。

※予約のある方も「再来受付機」での受付が必要です。

ご紹介の方 病診連携、紹介状をお持ちの方

■病診連携でご予約の方  ・紹介状をお持ちの方
病診連携室にお越しください。

お気軽にお尋ね下さい

どの診療科を受けたらよいかわからない場合や、受付方法がわからない場合、再来受付機の操作方法などは、案内コーナーのインフォメーションスタッフや、総合受付のスタッフにお尋ね下さい。

外来の場所を確認する:院内配置図はこちら

ページトップ

■医師の診察

(1) 診療科窓口に受診案内票を提出
総合受付から受け取った受診案内票を、外来診療科窓口に提出します。
その後は、お名前が呼ばれるまでお待ち下さい。

(2) 診察
診療科スタッフが、お名前をお呼びします。
スタッフの案内に従って、診察をお受け下さい。

(3)検査・処置
診察の結果で検査や処置のオーダーが出た場合にも、スタッフがご説明します。
スタッフの案内に従って、検査・処置をお受け下さい。

(4) 診察を終えた方は、受診案内票を受け取り総合受付へ
診察を終えた方に、診療科スタッフから受診案内票をお渡しします。
受診案内票をお持ちになり、総合受付へ移動して下さい。

不明な点がありましたら、診療科のスタッフへお尋ね下さい。

ページトップ

■診療費の会計

(1) 3番の「診療がお済みの方」窓口へ受診案内票を提出
総合受付3番の「診療がお済みの方」窓口にある箱へ受診案内票を提出し、
椅子にかけてお待ち下さい。

(2) 4番の「お支払される方」窓口でお会計
4番の「お支払される方」窓口から、患者さんのお名前をお呼びします。
お名前が呼ばれましたら、窓口でお支払い下さい。

外来診療費につきましては、クレジットカード等は1万円以上からご利用可能です。

お薬の処方が無く、次回の予約も無い患者さんは、ここで終了です。
お気を付けてご帰宅下さい。

ページトップ

■お薬の処方のある方

当院では、2002年8月1日より「院外処方箋」を実施しています。
診察室にて受け取りになられた「院外処方箋」に
会計3番の「診察がお済みの方」窓口にて「院外処方箋」に確認印を押印致します。

確認印のある「院外処方箋」を、「かかりつけ薬局」に提出し、お薬をお求め下さい。

「かかりつけ薬局」について
患者さんには「かかりつけ薬局」を探していただきます。
どの病院・医院に受診しても、いつも薬を受け取る薬局を
お探しいただきたいと思います。

なぜ、「かかりつけ薬局」を見つけておくの?

■いつもの薬を不足のないように揃えておいてくれる。
薬品不足で待たされることがなくなります。
当院で受け取った「薬」が「薬の説明書」をかかりつけ薬局にお見せいただき、
薬を揃えておいてもらうと良いでしょう。

■複数の病院・医院に受診していても安心。
いつも同じ薬局で薬をもらえば、
薬の重複や相互作用薬の飲み合わせ・副作用などのチェックをしてもらえます。

ページトップ