トップページ > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 外科

外科

概要

当科では、消化器外科(食道、胃腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓など良性悪性疾患)乳腺甲状腺外科、血管外科(下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症など)呼吸器外科(肺癌、肺気腫、気胸など)の外科全般にわたる手術を行っており、その手術件数も年々増加してきている。

また、手術だけにとどまらず最新の知見を元に各種癌治療ガイドラインに基づいた化学療法にも積極的に取り組んでいる。

特徴

肝胆膵の拡大手術への取り組み

従来は根治治療が難しいと言われた肝臓・胆嚢・膵臓の悪性腫瘍の治療のため、正確な手術前画像診断と機能保持のための処置を行った後に根治手術を行っている。

低侵襲手術への展開(内視鏡下手術の取り組み)

ほとんどの胆石症の手術は、腹腔鏡を用いて、小さい創から胆嚢を取り出す方法で行い、入院期間の短縮・術後疼痛の軽減に努めている。
大腸手術においても、根治性を損なわない症例において積極的に腹腔鏡を用いた手術を行い、小さい創での手術に取り組んでいる。
乳癌手術では根治性を考慮に入れながら、乳房を出来る限り残す乳房温存手術も施行している。
気胸の手術は原則として胸腔鏡を用いて手術を行っている。

再発・進行癌に対する化学療法

各種再発進行癌に対してガイドラインに基づいた抗癌剤治療を行っている。特に切除不能な肝転移に対して、肝動脈に直接薬剤を注入する方法や、点滴静注で再発巣を治療する方法など、癌の種類、患者様の状況を考慮に入れて、治療法の選択を行っている。
診断時根治手術困難な進行癌に手術前化学療法をおこない、腫瘍を小さくして手術を行うこともある。

当院外科における研究活動について

 全国の労災病院外科では、患者様へのより良い医療の提供、勤労者の早期社会復帰を目指して、毎年目的を決めて多施設共同研究を行っています。
 本年度は各施設の手術部位感染対策を研究テーマとしています。本年度の治療結果を解析することで今後の治療およびサービスの向上を図ることを目的としています。本年度の対策は昨年度の対策と同様に続行致しますので、個々の診療に影響するものではありません。結果の利用に関しては常に皆様の安全と個人情報の管理に配慮してまいります。ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

ページトップ

担当医

高野 学 外科主任部長
平成2年 名古屋大学卒業 医学博士
日本外科学会外科専門医及び指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医及び指導医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本消化器病学会消化器病専門医
日本外科感染症学会外科周術期感染管理認定医及び暫定教育医及び評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医及び暫定教育医
検診マンモグラフィ読影認定医師
インフェクションコントロールドクター
JATECコース修了

ページトップ