トップページ > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 外科

外科

概要

 当院は市内唯一の公的医療機関、総合病院でありその外科的疾患を担当しています。消化器外科、内分泌外科、乳腺外科、呼吸器外科を中心に患者さんの症状に応じた最新、最良の治療を診療・治療ガイドラインに基づき提供しています。総合病院の機能を生かし充実した各科の協力のもと基礎疾患、併存疾患をもった患者さんにも積極的かつ安全な手術治療が提供可能となっています。
 また当院は労働者健康安全機構を母体とし産業構造や就業構造の変化が進む中で、働きながら治療を行ういわゆる「勤労者医療」という概念を積極的に推進していく役割を担っています。具体的な取り組みとして早期社会復帰を目的とした手術前後のリハビリテーションなど各部門との連携、退院後は疾病と就業の両立を積極的に支援しています。
 医療の進歩とともにがん治療はもはや慢性病となり長期にわたる支援が必要となりました。手術後化学療法を必要とする患者さんに対しても各種癌治療ガイドラインに基づいた最新の化学療法の提供のみならず、患者さんの社会的背景に鑑みた個々に応じた治療を支援、提供しています。

特徴

上部下部消化管

 食道、胃、小腸、大腸、肛門の良性悪性疾患を中心とした外科治療を提供しています。低侵襲手術(腹腔鏡手術など) を積極的に展開しています。直腸の手術では根知性を損なわない症例において人工肛門を回避する超低位前方切除術、内肛門括約筋切除術、術後排尿・性機能温存を目的とした神経温存手術に取り組んでいます。
 急性腹症(消化管穿孔、急性虫垂炎、腸閉塞症などの腹部救急疾患) の手術も行っています。

肝胆膵

 胆石症の手術は、基本的に腹腔鏡を用いて、入院期間の短縮・術後疼痛の軽減に努めています。
 肝臓・胆嚢・胆管・膵蔵の悪性疾患に対しては正確な手術前画像診断と機能保持のための処置を行った後に根治手術を展開しています。

内分泌

 甲状腺、副甲状腺の良性悪性疾患の外科治療を提供しています。副腎疾患に対して腹腔鏡手術を合む外科治療を提供しています。

乳腺

 根治性を考慮に入れながら、乳房を出来る限り残す乳房温存手術、術後の上肢のしびれ、腫脹を軽減しQOL (生活の質) を高めることを目的としたセンチネルリンパ節生検を積極的に施行しています。

呼吸器

 気胸の手術は原則として胸腔鏡を用いた手術を行い低侵襲手術を展開しています。

一般外科

 成人鼠経ヘルニアは従来の前方到達法または創の美容性、術後の疼痛軽減を目的とした腹腔鏡下手術を施行しています。
 その他、体表手術など一般外科的疾患に対して手術治療を提供しています。

当院外科における研究活動について

 当院外科は患者様へのより良い医療の提供及び早期社会復帰を目指して毎年日本全国の労災病院と協力した外科共同研究に参加してまいりました。
 本年度は地域包括ケアも考慮した、高齢者がん患者への安全ながん治療の提供に関する検討をテーマに安全な周術期管理の標準的手法の構築を目標とする取り組みを行っております。治療及びサービスの向上を図るもので既に当院では実践している内容です。治療データを用いた研究で何ら診療に影響するものではありませんが常に皆様の安全と個人情報の管理に配慮してまいります。
 ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

患者さんへ

ページトップ

担当医

高野 学 外科主任部長
高野 学 平成2年  名古屋大学卒業
医学博士
日本外科学会専門医、認定医、指導医
日本消化器外科学会専門医、認定医、指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本外科感染症学会外科周術期感染管理暫定教育医、認定医、評議員
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 マンモグラフィ読影認定医師
日本医師会認定産業医
日本肝胆膵外科学会評議員
インフェクションコントロールドクター
小川 敦司 外科部長
小川 敦司 平成7年 愛媛大学卒業
医学博士
日本外科学会専門医
                                          
中川 陽史 外科部長
平成12年 名古屋大学卒業
医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 マンモグラフィ読影医
日本静脈経腸栄養学会
TNT研修会修了

ページトップ