トップページ > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 脳神経外科

脳神経外科

概要

脳神経外科は、脳を中心に神経系一般の病気を扱う科です。主な対象疾患は脳卒中(脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血など)、頭部外傷、脳腫瘍、脊椎疾患、脳の奇形などです。急に激しい頭痛がした、めまいやふらつきがある、突然手足が動かせなくなったなどの症状にお気づきの際にはご相談ください。また、脳動脈瘤や頸動脈狭窄に対する血管内手術に対しても積極的に取り組んでおりますので、ご相談ください。現時点では医師が一人のため、ご迷惑をおかけすることもあるとは思いますが、地域の医療に少しでも貢献し、他科の医師とも連携を取り、近隣の病院とも連携を深めながら対応していきます。

特徴

脳卒中の予防

一般に行われる脳ドックについては当院でも施行しております。その結果を元に必要な治療(内服加療や手術加療)を行ってまいります。

脳卒中の治療

急性期の脳卒中(脳出血や脳梗塞)に対しては入院加療が必要となることが一般的です。これに関しても脳卒中ガイドラインに準拠した加療を当院でも行っております。また、必要に応じて手術加療も行っております。

頭部外傷

重症頭部外傷から、ちょっとした頭部打撲や切り傷まで扱っております。受傷当初は軽傷であっても、受傷後数時間の間は重症化することもありますのでご気軽に相談ください。

脊髄疾患

手足のしびれ感や脱力感に対してMRIによる脊椎疾患の検査及び手術治療を行っております。

リハビリテーション

脳卒中や脊椎疾患の患者さんに対し、理学・作業・言語療法士の協力のもと、可能な限り急性期からリハビリテーションを開始しております。

担当医

丹羽 裕史 脳神経外科部長
丹羽 裕史 平成8年 名古屋市立大学卒業
                                          

ページトップ