トップページ > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

概要

 耳鼻咽喉科は、首から上の耳・鼻・のど・頸の病気が診察の対象です。
 聴覚・嗅覚・味覚などの感覚器や嚥下・発声といった、のどの病気などの治療にあたっています。

特徴

中耳炎(急性・滲出性・慢性・真珠腫)を正しく評価・診断して、保存的・必要に応じて外来手術(鼓膜切開・鼓膜チューブ留置など)を行っています。

鼻炎(アレルギー性、副鼻腔炎など)に対して内服を中心とした加療を行っています。また、アレルギー性鼻炎については、レーザー焼灼術も行っています。

のど

ファイバーカメラ等を使用して、気道・声帯・嚥下を確認して診断します。必要に応じて看護師・言語聴覚士とも連携し、リハビリを行い機能回復を目指します。

めまい

めまいは、中枢性と末梢性(耳性を含む)のものがあります。正しく鑑別診断して最適な加療に努めています。

その他

難聴・顔面神経麻痺は、軽症例では外来にて治療を行うが、重症例では入院にて加療を行っています。