トップページ > 看護部のご案内 > 看護単位と部門

看護単位と部門

看護単位の紹介

各診療科
放射線科
処置室
訪問看護
透析
外科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
皮膚科他
消化器科(内科)
小児科
糖尿病教育入院
循環器科(内科系救急)
内分泌内科他
呼吸器科(内科)
一般内科他
整形外科
内科混合

各病棟看護部の紹介

外来

 「病院の顔」である私たち外来は、17診療科に加え、救急外来、透析室、看護師外来(糖尿病療養指導士外来、フットケア外来)を担っています。
 不安を持って受診をされる患者さんに笑顔で対応し、満足度の高いケアを提供できるように心掛けています。地域の医療機関や施設とも連携を図り、適切な医療が提供できるように努めています。

  • 透析室では、看護師、臨床工学技士とのチームワークもよく、医師を含めてのカンファレンスも定期的に実施しています。
    透析を維持していく患者さんの看護ケアの充実に努めています。
  • 内視鏡室では、毎朝、医師と看護師でミーティングを実施し、患者さんに安全で安楽な検査が実施できるように努めています。

ページトップ

2病棟

 2病棟は外科系の混合病棟です。外科、泌尿器、耳鼻科、眼科、婦人科の患者さんが治療のために入院されます。
 手術目的の患者さんには不安の軽減に努め、痛みは最小限とし安楽な入院生活がおくれるよう援助しています。

 手術だけでなく抗がん剤治療や緩和医療も多く行っています。患者さんが早く回復されるように、病気とうまく付き合いながら社会復帰されるように看護援助を行っています。 患者さんの看護について話し合っています。個別性のある看護の提供を常に心がけています。

  • 新人看護師の教育に力を入れています。プリセプターシップを導入して、知識・技術だけでなく、精神的なフォローも行っています。わからないことや、初めて行うことは先輩が優しく教えてくれます。
  • 手術を受けるお子さんが安心できるような関わりを心がけています。どんな小さなケアも説明を忘れないようにしています。
  • 少しでも早く患者さんの変化を捉えることができるよう看護技術を駆使して、患者さんの観察を行っています。

ページトップ

3病棟

 3病棟は、消化器内科・小児科の混合病棟です。
 体調が悪く原因を探すための検査入院の方から、治療に長期間かかる方まで、幅広い年齢層と幅広い疾患の方を対象にしています。
 そのため、医師や薬剤師・リハビリセラピストと協力して、その人にあった看護ケアを提供できるよう日々自己研鑽に励んでいます。

  • 子供さんが入院すると、ご家族は心配ですよね。
    少しでも負担なく入院生活を送れるように、優しく笑顔で対応する事を心がけています。
  • 患者さんの治療についてチームで活発に話し合いをします。
    「患者さんのことだけど・・」「あれはこんなふうで・・」

ページトップ

4病棟

 4病棟は、循環器・内科・内分泌代謝・腎臓内科の病棟で、心筋梗塞や狭心症の患者さんが多く、糖尿病や慢性腎臓病の教育入院の患者さんもおられます。
 また、疾患の特殊性から重症の患者さんや緊急の患者さんが多いのも特徴です。他の病棟より若いスタッフが多く、明るく笑顔の絶えない活気ある病棟です!

 忙しい毎日ですが、私たち看護スタッフは、医師や他の医療スタッフの方たちと協同し、24時間、『明るく・元気・笑顔』をモットーに患者さんのケアを実践していきたいと頑張っています。

  • 今ではお粥を食べられるようになれて良かったですね。私たち看護師は、嚥下機能が低下しないように日々支援させていただいています。
  • 医師から病気のことについて説明。
    ふむふむ。 うーん、病気のことは難しいなぁ…
  • 医師とも仲が良く、心電図の読み方も教えてくれます。

ページトップ

5病棟

 5病棟は48床の呼吸器内科病棟です。小高い丘の上に立つ旭労災病院の最上階にあり、名古屋方面には東山タワー、瀬戸方面には日本で2番目に高い地デジタワーが見えます。初夏から秋にかけてさわやかな風が吹き抜け、四季を感じられる展望の良い部署です。
 患者さんは肺炎・喘息・肺がん・じん肺・呼吸不全など呼吸器に関する疾患の方が入院されています。治療には酸素療法・化学療法・呼吸器リハビリテーション・在宅酸素療法の導入など治療法は多岐にわたっています。

 看護ケアの中でも口腔ケアには徹底して取り組み、合併症の予防や回復促進に努めています。高齢者の患者さんも多くなり、退院後も安心して在宅での生活が送れるように入院時より医療介護サービスとの連携を図っています。定期的に呼吸器医師のミニ勉強会も開催され、学習環境も整え、チーム医療の中での看護師の立場を担い、みんな元気に明るい雰囲気で頑張っています。


  • 医師から患者さんの病態の説明を受けています。
    みんな真剣です。
  • 呼吸器科医師が講師となりミニ勉強会を定期的に開催しています。
    患者さんに快適な療養生活を送ってもらうために、医師やコメディカルと一緒にチーム医療目指しして頑張っています。
  • 設定は大丈夫?・・・・毎日のケアはきちんと行いましょうね。

ページトップ

7病棟

 7病棟は、50床の整形外科の病棟です。
 骨折や外傷の手術やリハビリを行う患者さんが主に入院されています。子どもからお年寄りの方まで幅広い年齢層の看護ケアをしています。質の高い医療を患者さんに提供するために、医師、看護師、リハビリ、MSWと連携してチームカンファレンスを行っています。
 7病棟のスタッフは、元気でチームワークがあり、笑顔の絶えないとても明るく働きやすい病棟です。

【主な疾患】
大腿骨頸部骨折、上肢・下肢骨折、変形性股関節症、変形性膝関節症、胸・腰椎圧迫骨折、椎間板ヘルニア、交通外傷など

  • いい顔してね!はいポーズ!!

  • THEカンファレンス!
    「元気に退院できますように・・・」
  • 医師よりレクチャー中・・・。
    手術後のケア。何に気をつけて看護していこうかな??
  • 新人看護師に先輩看護師が付き、わかりやすく指導します。

ページトップ

手術室

 こんにちは、手術室・中央材料室です。
 私たちは、予定手術だけでなく緊急手術にも対応できるように、24時間オンコール体制で手術に対応しています。年間1,300件程度の手術を行っています。
 手術というと「怖い」というイメージですが、少しでも患者さん・ご家族が安心して手術に望めるよう日々勉強に努め、皆さんを笑顔で迎えるように心掛けています。

  • 何百種類もある器械の名称や使用方法を覚えることはもちろん、故障はないか、備品の漏れはないかのチェックを行い、手術がスムーズに進行できるように準備を行います。
  • 患者さん・ご家族の不安や心配を少しでも取り除けるよう、担当の看護師が手術前日に病室に伺い、手術の説明を行います。

ページトップ