トップページ > 看護部のご案内 > 理念・方針

看護部

看護部の理念

人間愛あふれる最善の看護サービスを、最高の心を尽くして

看護部の方針

  1. 1.対象の生命の尊厳と人権を尊重し、温かな、思いやりのある看護を目指します
  2. 2.対象の安全・安心・納得・平等な看護サービスを提供します
  3. 3.救急・急性期医療に基づき、創造的、主体的、科学的根拠のある看護を提供します
  4. 4.働く人々の疾病予防、健康づくりに努めます
  5. 5.看護者として基本的責務を自覚して、自己のキャリア開発に責任を持ちます

求める人材像

旭労災病院から、ともに働くあなたに期待をこめて
あなたと共に、あなたのライセンスを活かし、将来の夢づくりを支援いたします。

■看護部長からメッセージ

チャレンジ、そして創造性をもって!
あなたと共に、、あなたのやりがい・働きがい・生きがいを見つけます

看護部長 新良 啓子

ページトップ

「人間愛あふれる看護」へのこだわりを大切に!
旭労災病院看護部は、患者さん、ご家族の皆さんの気持ちを温かく受け止め、“おもいやりの心”を大切にすること、患者さん自身が持っている“自然の治癒力・回復力”や“適応力”を最大限に引き出せるようなケアをすることに、心がけています。
つまり、患者さんのみならずご家族の“思い”など“その人らしさ”を大切にしながら、お世話させていただく心と、“安全・安心・安楽”して頂けるような療養環境に提供など、質の高い看護が実施できるように日々努力しています。
「創造性、そしてチャレンジ意欲」を大切に!
最善の看護サービスを目指す…「心をこめて最高の看護をしたい」という思いは、現在の私たちへ受け継がれそれを大切に育んでいます。
そのためには 「組織は人なり」 といわれるように一人ひとりが組織の人財として「財産」でなければなりません。
まさに、組織人として自覚を持って 他力本願でなく 「自分に何ができるのか」 自力本願になって努力しなければならないと思っております。
そのために看護部では今まで培ってきた現任教育を活かしながら新たに 「キャリア開発ラダー」 を導入し、看護師のキャリアアップを支援できる仕組みを取り入れました。
それは、看護師の看護実践能力を段階(レベル)を踏んで成長していけるように到達目標を示し評価ができるようにしたものです。
そのために面接を取り入れ、一人ひとりと話し合い、アドバイスができる環境づくりも行っています。
最近ではチャレンジ意欲のある先輩ナースたちが自分の目標を持って努力し始めています。
私たちは創造性ということで、前向きな考えを持って、何事にもチャレジできる。
失敗を恐れずにやって見ようとする勇気がある。職場を改善しようとする意欲がある。
チ-ムで新たなものを作り上げていく組織づくりを心がけています。
「新たな前進を!」「自分のキャリアデザインを自分の手で!」
今、医療を取り巻く環境の変化の中、多くの病院は生き残りをかけて医療サービスの質の向上に努めております。
「旭労災病院に行けば良い医療と看護も受けられるから・・・」
という選ばれる病院を目指して職員が一丸となって組織の活性化に取り組んでいます。
病院内では研修会や学習会、検討会が日常的に開催され、看護職員のみならず他部門の職員も参加して自己を高めようとしています。これは強制ではなく自由参加です。
これからの時代を生き抜くには自分の強みを知り“自分のキャリアデザインは自分でつくっていく“ことが必要です。
本人にやる気さえあれば、自己を高めることができます。
今患者さんが何を求めているか、看護サービスに何を期待されているかを、ひとり一人がいつも考えて行動しなくてなりません。
そのことが自らのキャリアを描いていく指針にももなるでしよう。
旭労災病院も常に変革にチャレンジして新たなものを作り出していかなくてはならないと思っています。
当院においてあなたの力を発揮し、 “やりがい ・働きがい ・生きがい” を見つけてください。

ページトップ