トップページ > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 糖尿病内分泌内科

糖尿病内分泌内科

糖尿病部門

概要

 旭労災病院糖尿病内分泌内科は日本糖尿病学会認定教育施設であり、糖尿病の初期教育から合併症治療まで、糖尿病治療に全力を尽くしています。外来診療では糖尿病専門外来が毎日開かれ、さらに糖尿病療養指導士によるフットケアおよび自己注射指導を行っています。
 また、1型糖尿病(ならびにインスリン枯渇気味の2型糖尿病)治療で近年注目されているインスリンポンプ療法(CSII)、持続グルコース測定(CGM)、さらにその二つを組み合わせたSAP(Sensor Augmented Pump)についても、当院にて外来・入院いずれでも行うことができます。

特徴

 当院では患者様ひとりひとりの病態や社会的背景を考慮した血糖管理を行い、定期的な合併症の評価を行っています。

 また当院は糖尿病内分泌内科の他に眼科、腎臓内科、循環器内科、神経内科、整形外科、皮フ科、脳神経外科も併設しております。糖尿病合併症である糖尿病性網膜症、腎症、神経障害、壊疽などの細小血管合併症や、虚血性心疾患、脳血管障害などの動脈硬化性疾患に対しても各診療科と連携し、最適な治療を行っています。

糖尿病予防のために

内分泌部門

概要

 旭労災病院糖尿病内分泌内科は日本内分泌学会認定教育施設です。甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、甲状腺腫瘍を早期診断し、早期治療を行っています。甲状腺機能亢進症の代表的疾患であるバセドウ病に対して薬物療法、外科的療法に加えて放射性ヨード内用療法が可能です。甲状腺腫瘍に対してはエコー、CT、MRI、シンチグラフィなどの画像診断を行うと同時に、甲状腺エコーを用いて穿刺細胞診を実施し、悪性腫瘍の早期発見と診断につとめ、当院外科との緊密な連携により円滑に手術を進めています。
 そのほかに下垂体、副甲状腺疾患、副腎疾患も診療しております。

肥満症治療

概要

 メタボリックシンドロームは内臓脂肪の蓄積により好ましくない代謝状態に陥り、複数の生活習慣病が合併し、動脈硬化を進展させる病態です。治療の基本は減量です。当院では外来にてデジタルカメラを駆使した個別栄養指導やグラフ化体重日記を用いた減量生活指導を中心に治療を行っています。

ページトップ

担当医

小川 浩平 糖尿病内分泌内科部長
平成10年 名古屋市立大学卒業
日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医及び指導医
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医(内科)及び指導医