トップページ > 病院のご案内 > 受診者の権利と責務

受信者の権利と責務

安全で良質な医療を受ける権利

生命の尊厳と人格を尊重した、差別のない、安全で質の高い医療を受ける権利があります。

選択の自由の権利

担当の医療スタッフや病院を自由に選択し、変更する権利(セカンドオピニオン)があります。
また、いかなる治療段階においても他施設の医療スタッフの意見を求める権利があります。

自己決定の権利

自分自身に関わる治療方針について意見を表明し、決定を行う権利があります。そのために必要な情報を十分理解できる言葉で説明を受ける権利があります。
また、治療を拒否する権利もありますが、その場合には医学的にどのような結果になるかの説明を受ける権利があります。

情報を知る権利

診療録に記載されている自己の情報を知る権利があります。
また、病院・医療・看護・福祉に関する情報を知る権利や健康教育を受ける権利もあります。

プライバシー保護の権利

生命の尊厳と人格が尊重される権利とともに、医療・看護についてのプライバシーを厳正に守秘・保護される権利があります。

意見を表明する権利

病院や医療看護サービスに対して苦情を含めて意見を表明する権利があります。

医療をともにすすめる責務

最適な医療看護サービスを受けるために必要な個人情報を常に提供しながら、医療スタッフと協力して診療に積極的に参加し、医療をともに進めていただく責務があります。

ページトップ