トップページ > 病院のご案内 > 病院の理念・ご挨拶

病院のご案内

病院の理念

信頼される医療、誇れる医学

病院の基本方針

1.人権尊重と患者さんの視点にたち、温かく、信頼される病院を目指します。
2.安全・安心・平等で質の高い医療・看護サービスを提供します。
3.地域の医療資源との連携と支援を通して、たえず病院機能を高めます。
4.地域の急性期病院として、救急外来、専門外来、紹介外来を充実します。
5.働く人々の暮らしと健康を守り、予防医療を実践します。
6.臨床研修指定病院として、慈愛の心に満ちた優秀な医師を育てます。

病院長からの御挨拶

院長

 旭労災病院はじん肺専門病院として昭和35年に設立され、その後、病院周辺の宅地化に伴って総合病院への転換を図りました。
 近隣の診療所と病院との病診連携システムをいち早く構築し、地域の医療、介護、福祉、行政との関係を大切にしています。尾張旭市内唯一の公的医療機関として専門的な治療、検査、手術などを行う地域の急性期医療を担い、地域医療を通じて地域に貢献する所存です。
 長年のじん肺診療で培った働く方の健康と職業生活を守る「勤労者医療」の考え方をさらに進め、病気の治療をしながら就労するという「両立支援」にも力を入れていきます。
 現在、コンパクトで骨太の病院に建て替えるという基本構想の下に新棟整備工事中で、平成31年5月に新病院での診療を開始する予定です。労災病院は、どなたでも受診していただける病院です。
 市民公開講座などを通じてより地域の皆様に信頼される病院になりたいと思っております。皆様方のご支援をよろしくお願い申し上げます。

独立行政法人労働者健康安全機構 旭労災病院 病院長 宇佐美郁治



ページトップ