トップページ > 診療科のご案内 > 部門一覧 > 感染管理対策

感染管理対策

活動の目的

感染管理とは、患者さん、職員、院内すべての人を対象に、病院における感染症を予防し、また、感染が発生した際に拡大を最小限に抑えるための施策を実行していくことです。感染管理者を中心として少人数の実働性の高い専門家チームとして、感染対策チームを構成しています。また、感染管理プログラム活動を推進するために、迅速、的確な情報伝達と決断力を持ち、感染の早期発見と感染経路遮断などの活動を病院横断的に展開しています。

体制

認定感染制御医師1名、感染管理認定看護師1名を中心とする、感染対策チーム(ICT)以外に、感染に関連したことを検討する感染対策委員会、各部署の感染対策の実施する看護部感染対策委員会(リンクナース)があり、日々感染対策活動を行っています。

■主な活動内容

院内定期ラウンドの実施

感染の発生状況把握

感染発生時の対応

抗菌薬の適正使用の評価と助言

感染対策マニュアル作り

感染症や対策についての研修会

ページトップ

感染管理者(感染管理認定看護師)

青山由紀子 感染管理認定看護師
私は、平成22年4月より専任の感染管理者として医療安全管理対策室に所属し、感染管理を病院横断的に活動しています。感染管理とは、病院に関わるすべての人々を感染から守ることを使命としています。専任であるため、情報が集中化でき、タイムリーに活動できることで早期に対策を講じることができます。新米の感染管理者ですが、やりがいを持って、感染対策活動に取り組んでいます。

ページトップ